人気記事

 

 

毛深い男性の特徴は?

 

男性の方で、自分のことが毛深いと思ってコンプレックスに思っているかたは多いと思います。他の人の体毛もなかなか見ることがないので誰にも相談することが出来ないのが実情だとです。

一般的に言うと髭や腕の毛、胸毛など、美容室のお客様で言うと、うなじから背中のラインが濃ゆい方は一般的に清潔感を欠いてしまう体毛があります。不必要と思われがちな毛ですが、ちゃんと存在する理由があり、毛深くなる原因もあります。

 

美容師
下記にそれぞれ紹介しますので参考にしてみてください。
  • 生活習慣が不規則
  • 毛深い体質はホルモンの乱れが原因
  • 遺伝子も関係している

生活習慣が不規則

 

男性が毛深い一番の原因は、生活習慣の乱れです。男性の一人暮らしだと食生活が偏ったり、喫煙や睡眠不足、ストレスなどが主な原因です。生活習慣が乱れてしまうと、ホルモンの分泌が下がり、毛深い原因になります。

 

食事内容を改善しよう

 

毛深いことが悩みの食事に偏りがある男性は、まず食事内容を見直しましょう。無理な食事制限は辞めて、バランスの良い食事にするという考慮も大切です。バランスの良い食事を取ることで、質の良い脂肪をつくることになり、女性ホルモンの分泌を促すことによって毛を濃ゆくするのを予防することが出来ます。

 

喫煙が体にいいことはないのでやめよう

喫煙している方も、毛深い体質になりやすくなっています。喫煙は、中々辞めることのできない物の一つです。急に辞めるのは困難なので、本数を徐々に減らすなどの努力も必要になります。それでも辞められないなら、医師に相談してみるもの一つの手段です。最近は喫煙者に厳しい社会になって、辞めている人も多くいるため、辞める方法も増えてきています。

 

喫煙は、女性ホルモンの中の一つである「エストロゲン」を分解する働きがあります。そのため、喫煙している方は、毛深い人が多いケースが高くなっています。喫煙は百害あって一利なしとまで言われているので、できる限り早く辞めることを重要です。

 

運動不足も原因

毛深い女性の特徴に運動不足なこともあります。女性は、事務仕事などのデスクワークで働いている人が多く、その女性のほとんどが運動不足です。

運動不足により、自律神経が不安定になり、その結果、男性ホルモンの分泌が活発になってしまい、毛深い女性に近づいてしまいます。休日に散歩など軽い運動から始めて、身体を動かすことが必要です。

 

 

睡眠不足も毛深い体質をつくる原因?

仕事が忙しい時は要注意になります。仕事に時間を取られるため、睡眠時間も減ってしまいます。寝不足も、女性ホルモンの低下の原因なので注意が必要です。

睡眠不足になると、交感神経が優位になり、その結果、自律神経が乱れ、男性ホルモンの増加に繋がってしまいます。週に一日でも仕事を早く切り上げて、睡眠の時間を確保することを優先しましょう。

毛深い体質はホルモンの乱れが原因

 

毛深くなる原因には、上記のように色々ありますが、結果として女性ホルモンの分泌が減ってしまうからです。毛深い体質は、何らかの原因で女性ホルモンが減ってしまい、男性ホルモンの方の分泌量が多くなってしまっているからです。

 

 

体毛と髪の毛はホルモンが違う

毛深いことで悩んでいる人の中で、髪の毛は細くサラサラなのに、体毛は太くゴツゴツしていて、疑問に感じている方もいるでしょう。その原因は、体毛と髪の毛ではホルモンが違うからです。

 

女性にとって無駄毛である、すね毛や脇毛は男性ホルモンで作られており、反対に髪の毛は女性ホルモンで作られています。そのため、髪の毛が薄いからといって、体毛も薄いとは限りません。あくまで女性ホルモンが多いか、男性ホルモンの方が多いかが関係しています。

 

 

なぜ男性ホルモンが多くなると毛深くなるのか

 

毛深い方の多くは、男性ホルモンが多い方が多いです。

昔の男性の役割は食料の調達などです。そのため、危険に遭遇する確率が高く、それから護るために体毛が太く多くなるようになっています。男性ホルモンが多いと、女性でも毛深くなってしまいます。

遺伝子も関係している

毛深い原因に遺伝子も関係しています。毛深い女性の両親も毛深い可能性が高く、遺伝子によって毛深いことも引き継いでしまいます。

体毛は、外傷などから身を守る優秀な遺伝子なため「優勢遺伝」とし、親から遺伝することがあります。また「隔世遺伝」で祖父母から遺伝してしまうこともあります。

おすすめの記事